繁忙期と閑散期の引越し料金の違いを把握しておこう

引越しの繁忙機と閑散期はいつ頃なのか、
あらかじめ知っておくことによって
引越しにかかる必要経費を大幅に軽減することができます。

 

本記事では、繁忙機と閑散期では
引越し料金にどれくらいの差が生じるのかを解説します。

 

気になる引越しの繁忙期はいつ?

一般的に引越しの繁忙期と呼ばれているのは、2〜4月となります。
新入学や新学期、さらに新入社員といったような節目にあたるのが4月です。

 

そして、新しい生活に向けて不動産屋さんの繁忙期に合わせるかのように、
2月も引越しの需要が活発となります。

 

ここで注目すべきは会社が年度末を迎える3月です。

 

年度末というのは異動や転勤、
単身赴任の方の引越しが増えるため一番の本坊木と言っても過言ではないでしょう。
以上の理由から、2〜4月が繁忙期とされています。

 

また、ファミリー向けの引越しについては、
結婚を機に同居を始める方が多い6月や、転勤・転職シーズンといわれる
9月も引越しの繁忙期に設定されている場合も見受けられます。

 

引越し業者によって設定されている繁忙期が異なっていますので、
気になっている引越し業者がある方は、見積もり前にあらかじめ確認しておきましょう。

 

こちらも気になる引越しの閑散期はいつ?

引越しの繁忙期はなんとなく予測がつきますが、
引越しの閑散期は果たしていつでしょうか。

 

調査したところ、繁忙期以外の月を
すべて閑散期として取り扱っている引っ越し業者が多数でした。

 

ただし、11〜2月を閑散期に上げているケースも見受けられます。
この時期は、晩秋を迎えてだんだんと寒くなる季節となります。

 

そして、北国では降雪による交通規制なども考えられます。
この時期はよっぽどの用事などの事情がない限り、
引越しを避ける人が多いため引越しの閑散期として設定している業者の声もありました。

 

繁忙期と閑散期では料金にどれくらいの差が生じるのか

同じ引越しでも、繁忙期と閑散期ではかかる料金がまったく異なります。

 

引越しの繁忙期と閑散期では、
実際に支払う額が倍以上も違うという引越し業者もありました。

 

新生活は住居の敷金や礼金、
新しい家具を調達したりと何かと出費がかさむものです。

 

特に急な予定などがない限り、
できるだけ引越しの費用は抑えたいところではないでしょうか。

 

引越しの閑散期に予定を組むことで、繁忙期と比べるとなんと、
半額もの料金でリーズナブルな引越しをおこなうことができるのです。

 

少しでも引越しにかかる費用を抑えて、新たな生活に彩りを添えるべく、
引越しの繁忙期と閑散期を事前に把握しておきましょう。