引越しの際に追加料金を取られるケースとは?

引越し業者に依頼をして、
見積もり以上の追加料金が発生することがあります。

 

せっかく見積もりに納得して引越し業者に依頼をしているのですから、
お互い気持ちよく当日の引越しを終えたいですよね。

 

私はそのような経験はありませんが、
引越しの際に追加料金を取られるケースについてまとめました。

 

荷造りが終わらずに作業員に手伝ってもらった

約束の時間までに荷造りや梱包が終わらずに、
作業員に作業を手伝ってもらうということになると、
料金が発生する可能性があります。

 

例えば、梱包していない荷物が少量だった場合、
先に梱包している荷物を運んでもらって
その間に梱包を急いでおこなうということは私も経験があります。

 

このような場合は追加料金が発生することはありませんが、
ほとんど梱包が終わっておらず、運び出す荷物もすでにないような状態で
梱包を手伝ってもらうことになると追加料金が発生するでしょう。

 

荷物が積みきれず、積み残しが発生してしまった

見積もりの際に担当者に伝えていた荷物よりも、
多い量の荷物となってしまった場合、
手配していたトラックの荷台に積みきれずに積み残しが発生してしまいます。

 

その際は、トラックを往復して運び出さなくてはならなくなり、
追加料金が発生します。

 

また、次の現場が決まっているといったことがあると、
そのトラックと作業員は往復して作業することができない場合もあります。

 

引越し業者や作業員の方の都合によりますが、
その際はもちろん追加料金を取られてしまいま
その日の一番最後にもう一度来てもらうといったことになりかねません。

 

追加料金ということだけでなく、大変迷惑となることですので
荷物は積み残しの内容に見積もり時にしっかりと依頼しておきましょう。

 

追加料金を取られないようにするには

まず、見積もり時に自分の希望や気になる点を
担当者にすべて話をしておくことが大切です。

 

そして、その場で料金が加算されるのかどうかなど、
見積もりの内容をしっかりと把握しておくことが必要です。

 

そして当日、作業員の方が訪問して実際に作業を始める前に、
担当者と取り決めたことがあった場合はそれを伝えておきましょう。

 

引越し業者によっては、担当者と作業者の間で業務連絡の行き違いがあったり、
作業者が把握していなかったりといったことがまれにあります。

 

作業員も次の現場があり、
急いでいたり急かしたような雰囲気を出している人もいますが、
そこは臆せずに確認しておきましょう。

 

のちに起こるかもしれないトラブルを未然に防ぐことができます。