活用しよう!引越しスケジュールリスト

引っ越しは予定を立てて順番にこなしていかないと、
することが沢山あってにっちもさっちもいかなくなってしまいます。

 

早めに出来ることはやって、手順よくこなしていきましょう。その方が負担が少なくてすみます。

 

[引っ越し2か月くらい前]

□引っ越し業者を探す
 一括見積を頼み、出来るだけたくさんの見積もりをもらう。
 その中から何社か選んで連絡して、実際に荷物を見たうえで再度詳しい見積もりをもらう。
□ごく親しい人に知らせる
□学校の先生などに連絡する
□病院にかかっていれば、医者に相談する
□プロバイダーに連絡する
 引っ越し先の回線によっては、プロバイダーを変えることになります。
 電話、テレビ、インターネット、などの通信関連は、光回線やケーブル、アンテナなどの状況で契約先が限られます。
 それぞれの業者に確認する必要があります。
 工事が必要になるとなかなか思い通りの日程でしてもらえないので、早めに連絡します。

 

[引っ越し1か月くらい前から1週間前まで]

 □引っ越し業者を決める
  2,3社に絞って検討し、どこにするか決定する。
 □普段使わないものから荷造りを始める
 □銀行へ行き住所変更をする
  支店があるかないか、口座を移すかなどで対応が変わります。
  遠距離引っ越しの場合は、口座の解約も検討します。
  郵便局の口座はそのまま使えます。
 □固定電話
  引っ越し先の住所に電話線が引き込まれている場合は2〜3日前でも大丈夫ですが、
  そうでなければ2週間前には連絡しておく方がよいでしょう。
 □必要があれば親戚に電話で連絡する
 □普段から交流がある人には引っ越すことを言っておく
 □粗大ごみやリサイクルごみを捨てる
 □転出届を出す
  引っ越しの14日前から引っ越し後14日以内に行わなければなりません。
  転入するためには、転出届を出した際にもらう「転出証明書」が必要ですので、忘れずに手続きしましょう。

 □印鑑登録の廃止
 □国民健康保険の資格喪失届

 

[引っ越し1週間前から前日まで]

 □荷物を作り、掃除をする
 □ガスを止める手続きを2,3日前までに(出来れば1週間前くらいに)する
  支払い方法を確認します。
  ついでに、引っ越し先のガス会社にも電話して、引っ越し当日から使えるように手配しましょう。
  引っ越しが多くて混雑した日ですと、早めに予約しないと希望の時間に来てもらえません。
  ガスは閉栓、開栓、ともにガス会社の立ち合いが必要です。
 □水道の手続きを電話かインターネットでする
  引っ越し先が管轄外なら当日清算が必要になる場合もあります。
 □電気の連絡を電話かインターネットでする
 □新聞やレンタル関係のものがあれば連絡する
 □転居届を郵便局に出す
  身分を証明できるものを持って郵便局へ行きます。
  郵送やインターネットで申し込むと、現地郵便局員が確認に来る場合もあります。
 □冷蔵庫の中の物を減らす
  前日には必ずコンセントを抜いて、氷を捨てて、中を乾拭きしておきます。
 □挨拶用の品物を買い、どれが誰宛か分かるようにしておく

  挨拶のリストに抜けがないかチェック、 挨拶ハガキが必要なら印刷を頼みます。
 □周りに引っ越すことを言い、軽く挨拶しておく
 □ごみを捨てる
 □当日使用する掃除道具をまとめておく

 

[当日]

●旧住所 (予定の時間を書きます)
 □搬出立ち合い( : )
 □ガス会社立ち合い( : )
 □電気会社立ち合い( : )
 □水道の栓を閉める
 □電気のブレーカーを切る

 

●新住所 (予定の時間を書きます)
 □搬入立ち合い( : )
 □ガス会社立ち合い( : )
 □電気会社立ち合い( : )*必要ない場合もあります
 □水道の栓を開ける
 □電気のブレーカーを開ける
 □ご近所へのご挨拶

 

[引っ越し後 1〜2週間以内]

 □転入届を出す
  引っ越してから14日以内に届けなければなりません。
 □印鑑登録
 □国民健康保険加入手続き
 □運転免許証の住所変更 
  住民票など、新住所を証明するものが必要です。
 □転居の挨拶ハガキを出す