引っ越しの当日に電気、ガス、水道などの清算があります。
いずれも引っ越し先で管轄が変わるかどうかで対応が変わります。

水道

移動先が別の管轄なら、その日までの使用料をその場で現金清算です。
引っ越し先が近くて、水道の管轄がおなじなら、当日までの使用料を今までの口座で引き落とししてくれます。
また、引き続きその口座から引き落としが続けられます。

 

ガス

同じ会社が扱っている物件に引っ越すことはほとんどないので、当日清算です。
支払い方法は振込が使える場合と現金のみの場合があります。
事前にガス会社に確認して、現金が必要なら用意しておきます。

 

ガスは元栓を閉めるのにも開けるのにもガス会社の人の立ち合いが必要です。
何時頃が都合がいいか、事前に電話で打ち合わせをしておく必要があります。

 

電気

同じ管轄内への引っ越しなら当日までの分も引き落とし出来ますし、口座引き落としもそのまま使えます。
新居が管轄外になる引っ越しだと、当時までの日割りで現金清算になります。
また、管轄外では契約をしなおす必要がありますので、口座申し込みももう一度しなおします。

 

搬出には立ち会う

運び出す当日は、必ず立ち合い、家具の傷などを確認しながら運んでもらいます。
どの荷物を運ぶか、電気製品はどうするかなどの指示を出しながら、契約に基づいて仕事をしてもらいます。

 

契約していないことまでさせようとしたり、契約にあるのにしてもらえなかったり、
ということがないように進行してもらいます。

 

一部の荷物だけを移動する場合もありますので、必ず立ち合いが出来る日に引っ越しをしましょう。
それと、その場になってから「電灯の取り外しをどうするか相談していなかった」ということがないように、
事前の打ち合わせは十分にして、分からないことはすぐに連絡して確認しておきましょう。

 

引っ越し先で業者を待たせる場合

搬出した当日に荷物が届けられるような距離の場合、引越しする本人より先に荷物が届いてしまうことがよくあります。その時には、荷物を乗せたトラックが待てるような場所が、引っ越し先にあるかどうかは大事になります。

 

地元の中小の業者の場合は、自社の敷地で待ってくれたり、車を停めてもよい場所をよく知っていたりします。
しかし、念のため、引っ越し前にご近所に聞いておくなどすると、ついでにご挨拶もできてよいかもしれません。