引越し業者を選ぶポイント

引っ越し業者をどう選んでいいか分からない時は、次のようなポイントをチェックします。

 

『電話の人が要領よく聞き取りをしてくれるか』

引っ越しの予定、荷物の大体の量、見積もりに訪問が必要か、業者からの電話連絡が欲しいか、見積もりに訪問が必要ならいつが都合いいか、などの必要事項をテキパキと聞いてくれるかということをチェックします。

 

『電話対応や見積もりに来た営業の言葉遣いは丁寧か』

引っ越し業者に電話をかけた時や、営業が見積もりのために訪問してきた時には、
言葉遣いが丁寧で正しいかもチェックします。

 

押し付けるような言い方をしたり、話をよく聞かずに決めつけてしまうようなら、
後で契約内容や支払いについてトラブルになる可能性があります。

 

『営業の人の身なりはきちんとしているか』

お客様に最初に接触する電話口での対応や、見積もりに訪問する営業の人の身なりというのは、
会社の中でどの程度社員教育が行き届いているかの目安になります。

 

営業の人の言葉遣いや身なりがきちんとしていなかったら、引っ越し当日に作業にやってくる人もあてに出来ません。

 

『見積書の記入は適正で分かりやすいか』

もらった見積り書をよく見ましょう。
社名、担当者名、日付などは入っていますか。
見積もりの内容はある程度細かく記入されていますか。

 

見積もり一式とだけしか書いていないと、何と何がサービスに含まれているか分からず、
サービス内だと思ったことで追加料金を取られることにもなりかねません。

 

『パックやサービス内容の説明は分かりやすいか』

単身引っ越しはパックになっていることが多く、細かい付随サービスはオプションです。
きちんと理解して自分にぴったりの引っ越しにするためには、パックを頼んだら何と何をしてくれるか、どんなサービスがあって、追加で選べるか、そういったことを分かりやすく説明してもらう必要があります。

 

また、それは見積書にもはっきりと明記されていなくてはなりません。
口約束だけだと作業員に伝わっていないことがあるからです。

 

引っ越し業者に電話する時や、見積もりに訪問してもらう時にはメモを取りながら採点するつもりで臨みましょう。