一括見積もりって一体どんなもの?

引っ越し業者を探し始めると、まず目につくのは一括見積サイトです。
この一括見積サイトというものに、あまりいい印象を持っていない人が少なくありません。

 

「一度連絡するとデータが横流しされそうな気がする」「しつこく電話がかかってきたりするのではないか」
という不信感があります。一体、一括見積サイトというのはどんな風に利用するものなのでしょうか。

 

 

一括見積サイトは手間が省ける

一括見積サイトを利用する理由の多くは、
いくつかの見積もりを見比べるのに一度ですんで便利だからーというものです。

 

引っ越しをする時には必ず何社かから見積もりをもらい、プランや料金を見比べます。
ところが、引っ越し会社というのは、中小規模まで入れるとかなりの数になるのが実情です。
そんな時に、引っ越し業者を探したり、申し込みをしたり、の手間が省けるのです。

 

一括見積に申し込んでみる

一括見積サイトで見積もりをもらうには、申し込み画面でまず、
「どこからどこへ」「いつ」「何人で」引っ越しをするか、ということを聞かれます。
入力をするのは、現住所の郵便番号と引っ越し先の市町村名、引越しの時期と人数です。

 

向うが何を知りたいかというと
「荷物がどれくらいあるか」「混雑している時期や曜日ではないか」「どのくらいの距離を移動するか」
という3つのことです。

 

その他の質問事項は、ついでに営業をかけられるように、電話番号やメールアドレス、または郵便物の送り先がわかるといいな、と期待しているわけです。ほとんどの業者は名前と電話番号で顧客管理をします。
この段階ではまだ、向うからそれほどはっきりとした数字はもらえません。

 

引っ越し時期が平日か休日か、何月ごろかでも見積もりは変わりますし、実際に荷物を計って返事をしている訳ではないので、このくらいだと思いますよ、という大体の数字しか出せないからです。

 

 

「自分から連絡するから、業者からの連絡はいらない」と断る

最初に概算の見積もりをもらう時に、電話やメールはいらない、とはっきり意思表示をしておけば、向うから電話攻撃がかかってくることはありません。どこのサイトでもきっとどこかに、アドレスや電話番号を記入する欄があり、連絡が必要かどうかのチェックがあるはずです。

 

よく見て、「いらない」としておきましょう。

 

もし連絡が必要かどうかのチェック欄が無かったら、「その他に気になることや特別なことがあればどうぞ」という入力欄が必ずあるはずですので、「連絡は自分からするので、そちらからはいりません」と書いておくことです。

 

チェック欄も入力欄もなかったら、そのサイトを利用してはいけません。
こうしておけば、気兼ねなく引っ越し業者を比較することができます。