海外への引越しはどうすればいいの?

海外へ赴任となったら、家族一緒に手当てが出る場合と、単身前提で1人分のみの時があります。

 

一般に短い期間であるか、まだ独身であるか、あるいは学齢期の子供がいて家族が同行できない場合に単身赴任ということになります。生活費が安い地域の場合は、自分の負担で家族同行する場合もありますが、生活費の高い場所に行く時には会社持ちでないと、家族の分を負担するのはとても難しくなります。

 

赴任の前に何が必要か

単身で海外に赴任となったら、どんなことが必要になるでしょうか。
海外ですから、パスポートは必要ですね。

 

それと、日本とは違う予防注射が必要になります。
予防注射は行く国によっても必要な種類が違いますし、何種類も打つことになると、
ある程度期間を置く必要もあります。

 

特殊な予防注射は予約が必要になりますから、赴任が決まったらすぐに手配しましょう。

 

赴任先で住む家は、現地に下見にいくのは難しいので、事前に不動産屋や現地の出張所などとファックスやメールでやりとりして決めることになります。どんな設備があるのか、光熱費などはどのくらいかかるか、出来るだけ現地に詳しい人に尋ねたりインターネットで調べたりして、無理のない予算を立ててから決めましょう。

 

それと、日本では品質の良い品物が安く売られていますが、日本で当たり前に売っている物が現地にあるとは限りません。似たような物があるかどうかも国によります。

 

自分でどうしても必要な仕事の道具類は持って行きましょう。
「足りなければ日本から送ってもらえばよい」と軽く考えると失敗します。ほとんどの国の郵便事情は、
日本とかなり違います。荷物が届けばラッキー、という国もあるのです。

 

荷物は空か海

海外に赴任する時には、荷物は海外引っ越しや宅配便が使えます。もし大した量でなかったら、郵送も出来ます。
家具などは海外まで輸送するよりは、買ってしまった方が安くつきます。

 

海外への輸送は大きなものなら船、軽い物なら航空便を使います。
航空便の方が船便より大分高くなりますが、とても早く到着します。
海外への引っ越しを扱う業者はいくつかありますので、一括見積などで比べてから選びましょう。