一括見積もりで業者を比較

一括見積というのを利用してみると、沢山の業者から一斉に見積もりが取れます。
その見積もりを見比べると、大体の相場が分かります。

 

それと、それぞれの業者のサービスの特徴がわかりますので、自分に合わないところを外せます。
また、その時に、もらった内容で自分がどんな引っ越しをしようとしているか、今一度見直しが出来ます。

 

最初の見積もりをもらったら相場を確認して、業者を一度ふるいにかける

一番最初にもらう見積もりは、まだ大まかな数字です。
この後、荷物を実際に見てもらって、自分のオプションを選んで、それでいくらになるか相談をします。

 

では、その相談相手、具体的な交渉相手の引っ越し業者を選ぶ基準は、どう決めたらいいでしょうか。
今、すでに一括見積を依頼して、あなたの手元には、かなりの数の業者見積りがそろっている、とします。
それをざっと見比べてみると、あなたの引っ越しの大体の相場がわかります。

 

この時、見積もりの中から「一式」とだけ書かれていて内容の説明がないものははじきます。
一式の内訳が分からないのは、後で思いがけない追加料金に跳ね返ってトラブルになりかねないからです。

 

中には、「もっと詳しく教えてください」という問い合わせをもらうために、
あえて内容を書かずに安い単価だけを書く業者もいます。そういう業者には連絡することはありません。

 

それから、担当者名が無いのもだめです。
誰がその金額を出したか、誰の責任でサービスを追加したかがはっきりしていないのも、後日もめる元になります。

 

選んだ業者に連絡してみる

一括でもらった見積りを見比べて、
「内容の説明がはっきりしない」「担当者が分からない」「極端に安い、または高い」「こちらの要望に合わない」
などをはじきます。

 

残った中から、自分の引っ越しに合いそうなプランを出してきた業者を選びます。
この時に1つだけではなく、必ず複数の会社を残しましょう。1社だけでは最初から妥協しているようなものです。

 

いくつか選んだら電話をします。
電話の前に、自分の引っ越しの荷物の中でタンスや冷蔵庫などの大きなもの、
ピアノやペットなどの特殊なものがあれば、メモに書き出しておきましょう。

 

電話で引っ越しの予定日、見積もりに来てもらうための都合の良い日、などを伝えます。
この時、必ずメモをとって、電話先の担当者の受け答えをチェックします。
こちらの話を聞いているか、押しつけがないか、言葉遣いはきちんとしているか、などを確かめます。

 

自分はどんな引っ越しをしたいか

業者と話していると、自分がどんな引っ越しをしようとしているかが自分の中ではっきりしてきます。
「荷物を減らしてでも安く引っ越したい」か、「とにかく早く引っ越したい」か、「全部お任せでお願いしたい」
か、という風に自分の中で何を最優先するか、を決めることが出来ます。

 

引っ越し業者のオプションはたくさんあります。しかし、どれもこれも、というわけにはいきません。
「自分が何を最優先するか」を決めると引っ越し業者選びは楽になります。