基本のサービスとオプションサービス

引っ越し業者は荷物の量と移動距離が料金の基本になり、そこに様々なサービスを付け加えていきます。

 

単身の引っ越しではこの、
「基本的なパックに必要なオプションを追加していく方法」でかなりお得に引っ越しが出来ます。

 

まず、一括見積などを利用して、基本料金の相場を調べます。
それから、各社のサービスにはどんなものがあるか調べて、その中から自分にあったものを選んで足して行きます。

 

基本のサービス

引っ越し業者に引っ越しを依頼した場合、標準的なセットに含まれるのは以下の通りです。。

 

@家具を傷つけないようにするための、毛布やヒモなどの資材の提供
A輸送に必要な台車や、窓から家具を釣ることになった場合の道具の準備
B洗濯機の取り外しと運搬、取り付け
C大型家具の搬出と設置
D荷物の搬出、輸送、運び込み
E梱包資材の回収

 

洗濯機の取り付けはやってもらえますが、テレビのセッティングはやってもらえません。
電灯などは引っ越しプランの中でどこまでやってくれるか、確認しておく必要があります。
パソコンまわりはほとんどの場合で別の扱いになります。

 

基本は自分で箱に詰めて、自分で開梱してセッティング、です。
引っ越し業者に頼んでも、そこから頼まれた別の業者が来ることが多く、別の日になることもあります。
段ボールは金額の高いパックでは無料になりますが、安いパックでは有料です。
無料でもらえても数枚です。荷物を詰めるのは自分でします。

 

オプショナルサービス

荷造りは基本的に自分でやりますが、頼めばオプション扱いで有料でしてもらえます。
荷解きも有料で頼むと全部してくれます。

 

車・バイクの輸送、アンテナの取り外し・取りつけ、ピアノの輸送、不用品の引き取り、家財の別送り、エアコン・家電の取り外し・取り付けなどは全てオプション扱いになります。

 

「テーブルを1つ、友達にあげたいから途中で寄ってもらえないだろうか」という場合、そのテーブルが出しやすい所に乗っていて、友達の家がすぐ近くで、という時には無料で寄ってもらえることもあります。
通り道でない場合、余計な手間がかかる場合、は別送り品として扱われ、有料になります。

 

その他、特に頼みたいこと

クレジットカードが使えるか、急な引っ越しに対応してくれるか、荷物を作ってくれるか、
運ぶだけならいくらか、なども自分にとって必要なポイントと思えば一緒に問い合わせます。

 

一括の見積もりではそういったことを一度に何社にも問い合わせが出来ますので、比較検討するのが簡単です。