大手業者VS中小業者 選ぶならどっち?

引越し業者をえらぶなら大手業者か中小業者どちらがおすすめなのでしょうか?
こちらではそれぞれのメリットについて紹介していきたいとおもいます。
メリットを比べてみてあなたに合ったスタイルで引越し業者を選びましょう。

 

大手の引越し業者

大手の引越し業者は、運送用車両を沢山保有しています。
ということは自分の引っ越しプランにちょうど合った車両を選べるということです。
また、単身引っ越しなどで荷物が少ない場合は、他の配送物と混載することで料金を安く出来ることもあります。

 

大手の引越し業者は全国展開している所が多いので、遠距離でも対応出来ます。
運び出す人は運び出しが終わったら解散して、運び込む時にはそちらの作業員が集められます。
引っ越し作業を始める時間が予定より遅れた場合は、近くの営業所から応援が来てくれる場合があります。

 

これも営業所が多いから出来ることです。
引っ越しのプランも多くて、色々なオプションも選べます。

 

中小の引越し業者

中小の引っ越し業者は地元密着タイプです。長く営業している業者は、地元のことを隅々までよく知っています。
時間帯指定の一方通行や、曲がりにくい角の電柱など、細かい情報を知っています。
大きなトラックが入れない道路もちゃんと把握しています。

 

もし家の前の道が狭かったら、
「小さ目のトラック2台の方がいいですね」という気遣いが出来るのも中小の業者ならではです。
引っ越しの最中になんとなくおしゃべりしていたら、子供が通う学校や、近くの郵便局の大体の場所を教えてもらえた、などということもあります。

 

また、あまり大きくない業者では、見積もりに来てくれた人が引っ越し作業にも来てくれることがあります。
見積もりをする営業の人が「出来ます」と言ったのに、当日作業する人に伝わっていなかった・・・
ということは、よくあることです。

 

その点、見積もりする人と作業の人が同じだと「見積もりの時に、こう言っていましたよね?」とすぐに聞けて安心です。
地元業者の一番良い点は、顔が見える安心感がある、ということです。

 

自分に合わせて選ぼう

地元の引越し業者は評判が命です。
ということは、引越し先が近い場合は、地元の中小業者に頼んだ方が、
丁寧にやってもらえる場合が多いということです。

 

それと、荷物の量が少しだけ増えてしまった、というようなことがあっても、
中小の業者は現場の人間の裁量範囲が広いので、対応してくれる場合が多いようです。

 

人によっては「大手の方が安心感があってよい」という人と、「大手より中小の方が話しやすい」という人がいます。
引っ越し業者を最後に決めるのは自分なので、よく見比べて、考えてから選びましょう。

 

どこがいいか分からなかったら、とりあえずいくつか、大まかな見積もりをもらってみるとよいでしょう。
一括見積サイトなどでは、大手も中小も取り混ぜて一度に何社でも取り寄せられます。
見比べてみると各社の違いが分かって、選びやすくなります。