引越し業者を利用するにあたっての覚えておきたいコト

引越し業者を利用する際に覚えておくとためになる4つのポイントをご紹介!
引越しを安くスムーズに行う為には優良な業者を見つける事が大切ですよ。

 

引っ越し業者から電話攻撃がありそうで嫌

引っ越し業者に電話すると、すぐに営業電話に攻めたてられそうな気がします。
そのため業者に連絡するのを敬遠する人も少なくありません。

 

しかし、業者の方でも、「見積もりをもらいたいだけなので、そちらからの連絡はいりません」とはっきり言われた場合はもう電話をしないことになっています。最初にそう伝えれば、何回も連絡してくることはないのです。

 

もし自分で電話してそう伝えるのがためらわれる様なら、インターネットの一括見積を利用するとよいでしょう。
連絡は必要ない、とチェックしておくかメモ書きしておけば、大まかな見積もりをよこすだけでそれ以上向うから連絡しては来ません。必要があればこちらから連絡すればよいのです。

 

業者に引っ越し見積もりに来てもらう

まず引っ越し業者に連絡して見積もりをもらいます。
始めから1社だけに決めてしまわないで、必ず何社かあたりをつけて見積もりを作ってもらいましょう。
そのためには一括見積などを利用すると複数の業者から簡単にもらえます。

 

その後、もらった大まかな見積もりを見比べて、サービスや費用などでいくつかに絞ります。
それから、選んだ業者に電話して来てもらい、実際に荷物を見てもらってから、見積もりしてもらいます。

 

後日決めますと言って帰ってもらう

この時、その場で業者を決定せずに、見積もりをもらってから、後日業者を決定します。
これは、熱心に勧められると冷静に判断できなくなることがあるからです。
すぐに決めようとすると、見積もりの内容に関わらず、営業の人の熱意で決めてしまいかねません。

 

それと、「後日決めます」と言わないと、詳しい説明をせずにその場ですぐに契約書に署名だけをさせようとする業者も中にはいるからです。見積もりや契約内容の案内などをよく読んでから業者を決め、どのサービスを利用するか決めて、引っ越し日程を調整します。

 

業者引っ越しは高いか

引っ越し業者に依頼すると高くなるのでは、と考えてしまいますが、
上手に利用すればさほど費用もかけずに、気楽に引っ越し出来ます。

 

それに、手伝いをしてくれる人の都合のすりあわせをしなくてすみますし、
車を出してくれた人にどの程度のお礼をしたらよいか、などで頭を悩ませる必要もありません。

 

引っ越し業者に大きな荷物だけを運送してもらい、小さな荷物は自分で運んぶ、郵送で済ませる、という手もあります。
食事や飲み物を用意し、ガソリン代を出す、トラックを借りることなどを考えると、業者に頼んでも金額的には大して違わずに引っ越すことが出来ます。

 

一度、見積もりをもらうとどの程度かかるか、引越しの相場が分かりますので、
比べてみるためにだけでも見積もりをもらうとよいでしょう。