就職に伴う引越しの場合

就職して引っ越す場合は、やはり単身赴任のように世帯の一部が転出になりますが、
単身赴任と違って戻る予定がありません。

 

一時的な転出ではないので、家電などは購入しての引っ越しが多くなります。
家電は家もとで買うにしろ引っ越し先の近くで買うにしろ、引っ越し荷物とは別の配送になります。

 

新生活は何かと物入りですが、就職直後はまだお給料が出ていないので、もし家電を買いそろえるのが大変だったら、一時的にレンタルして、貯金が出来たら家具や家電を買う、という手もあります。
家電や家具のレンタルは専門業者もありますし、引っ越し業者が取り扱っていることもあります。
新品でなくともよいなら、かなり安く借りることも出来ます。

 

引っ越し業者は安さが決め手だけど、安さだけではだめ

就職直後の引っ越しはまだお給料が出ていないので、安さが決め手になります。
しかし、安さだけで引っ越し業者を決めてはいけません。

 

また、無理をして自分や友人だけで引っ越しをしようとすると腰を痛めたり、友人関係に微妙な亀裂を入れてしまったりすることもあります。単身での引っ越しは案外安いものですから、一度見積もりをもらって検討してみるとよいでしょう。

 

インターネットからの一括の見積もりなどを利用すれば、いくつかの業者を見比べることが簡単に出来ます。
友人にお礼をしたり、日時の都合を合わせてもらったりする手間を考えるよりは、気軽に済む場合もあります。
誰を呼ぶ、誰を呼ばない、という気遣いも不要です。

 

引っ越し先までの距離と、引越しの予定日と、自分の荷物の量を考えて、上手に引っ越しをしましょう。

 

仕事に使うものはすぐ出せるように

引っ越し後の散らかった状態は、なかなかすぐには片付きません。ましてや、仕事が始まるとなおさらです。
スーツやワイシャツ、ハンカチ、靴下などの身に着けるものはもちろん、バッグ、ステーショナリー、印鑑など職場ですぐに必要なものは、他の荷物に紛れ込まないようにしておきましょう。

 

物があふれた状態では、大切な書類なども紛失しがちです。
ファイルケースに収めて、よく分かる場所にしまう習慣をつけるとよいでしょう。