道路や家具配置の確認

こちらでは引越し当日になってトラブルを起こさない為の対策をいくつかご紹介します。

 

意外と見落としがちなトラブル原因となっていますので是非参考にしてみてください。

引越しトラックが道路に入れるか

荷物を搬入する時に、道路がどうなっているかで作業のしやすさが違います。
曲がり角に電柱が出っ張っていたら、大きなトラックは曲がれません。
家の前が一車線しかなかったら、他の車が通るたびに車を移動しなければなりません。
それは引っ越し作業をとてもやりにくくします。

 

作業がしにくいということは、時間がかかり、家具などに傷がつく機会が増えるということです。
例えば、トラックを停める場所が確保できなければ、少し離れて停めます。
そうすると、荷物を運んで何回も作業員が行き来し、ご近所の迷惑になること間違いなしです。
道路が狭い時には小さいトラックで来てもらうことです。

 

または、大き目の荷物を移動する時にだけ、一時的に家の前に停めて作業をしてもらいましょう。
ご近所への挨拶をしたり、臨時で駐車できる場所があるかなどの情報を事前に集めておくことが大事です。
地域に詳しい引っ越し業者は、車を停めるスペースや作業場所についてあらかじめデータを持っているところもあります。地域の中小の業者の場合は、時に、融通が利かせられる場合もあるようです。

荷物が家に入るか、階段を持ち上げられるか

大きなタンスなどは玄関から入らないことがあります。
特に結婚での引っ越しは、新品の大きな家具が運び込まれて、玄関でつかえてしまうこともあります。
大きな和ダンスは上下で2つに分けられることがほとんどですが、洋ダンスはそのまま運ぶしかありません。

 

また、階段が狭くて、ようやく持ち込んだ家具が2階に上げられない、ということもあります。
そんな時には、クレーンか、長い丈夫な布やロープを使って、窓から入れることになります。
家具が大きい場合は、万が一吊り上げになった場合に備えて、引っ越し業者の方で緩衝材などを用意しているのが普通です。

 

しかし、見積もりの営業マンが作業する現場に伝えていなかった場合や、ひどく値引きして、
必要な人数や機材が用意できていない場合には、家具が無事に希望の位置に収まる保証はありません。

 

引っ越し荷物の中に高価な物があれば、自分で保険をかけておきましょう。
見積もりの時に引っ越し業者に頼めば、一緒に手続きしてもらえます。

 

一括見積もりを頼む時に、地形や荷物などについて気になることがあれば、
一言添えておくと最初から忘れずに話を進められます。