引っ越し代節約と割引サービス

引っ越しを業者に頼んだ時に費用としてかかるのは、人件費、車両代、燃料費、技術料、資材などです。
まず、自分がどの程度の荷物をどこまで移動する必要があるか、荷物の量と移動の距離をはっきりさせましょう。
引っ越し業者に頼まずにすむところは自分でやって、費用を浮かせます。

 

日程に余裕があれば、また別の節約が出来ます。

 

平日割引、早期申込み割引、複数box割引など、
どんなサービスが利用できるか調べて割引になる組み合わせを使います。

 

引っ越し費用を抑えるには

荷物が多ければ運ぶ人も多くなり、人件費が増えます。運ぶトラックも大きくなり、車両代がかかります。
移動距離が長くなれば、高速代やガソリン代などがかかります。
大きな家具や、気を使う品物があれば、特殊な資材や機材、技術が必要かもしれません。
引っ越しが多い時期や、休日には割引が少なく、逆に引っ越しが少ない時期で平日なら費用は安めになります。
そういったことを全部合わせて、引っ越しの費用は決まるのです。

 

業者から見積もりをもらったら、よく見ましょう。
何人で、どんな車で来るか、書いてありますか?特殊な配送品は特別に記入してありますか?

 

営業の人に言ってあったのに、現場に伝わっていなかった、というのはよくあることです。
ただ「一式」だけでは、何が含まれて何が含まれないか分かりません。
後々のトラブルの種になりかねません。

 

必ず一括見積などを利用して、複数の業者を見比べてください。
見積もりの内容がきちんとしていれば、どこにお金がかかっているのかすぐに分かります。
よく見積書を見れば、どの業者が自分の引っ越しにぴったりか、自分で選ぶ参考になります。

 

どこが削れるか考える

段ボールの詰め方や、荷物の減らし方などを工夫して、
引っ越し荷物を要領よく作れれば、単身での引っ越しは、時間もお金も節約出来ます。

 

ただし、荷物をなんでもかんでもぎゅうぎゅうに詰めたのでは、中の物が壊れますし、自分で運ぶのが大変になります。重い物は小さな箱に入れ、壊れ物などは目立つところにシールを貼るなどして、荷物の安全にも気を使ってください。

 

段ボールに詰められるものは、郵便や宅配で送ることも出来ます。
いくつか箱がまとまると郵送料の割引もありますので、調べてみましょう。

 

とにかく節約したい時には、どうしても自分では運べないものだけを引っ越し業者に頼むと、それ以外の物の配送料が削れます。自分で引っ越し先に掃除に行くついでに電車で運び、引っ越し当日に宅配などで発送して、2,3日後に自分で受け取る、という手もあります。

 

また、引っ越し業者のサービスに、決まったサイズまでは何を入れてもいい、というカーゴもあります。
それに収まるまで全体の物を減らすことが出来れば、かなり安くなります。
冷蔵庫や布団なども入り、残ったスペースに入るだけの荷物を運んでもらえます。

 

使える割引を使う

知っていれば利用できる割引も実はたくさんあります。インターネットから申し込むと割引になる業者もあります。
日程に余裕があれば、また別の節約が出来ます。早期に申し込むと割引があることが多いのです。
また、早くに業者を押さえることが出来るので安心です。

 

荷物は少なければ、他の宅急便荷物と混載することで安くできる場合もあります。
その場合、荷物の配達の時間指定をしないとか、引っ越し業者の都合の良い日時に合わせるとかすると安くなることがあります。引っ越しは休日にすることが多いので、平日だと割引になることがあります。

 

また、ここからここまでの間に引っ越しをしたい、と期間を指定して、
その中から業者の都合のいい日で決めてもらうと割引にしてくれるところもあります。

 

指定のボックスやカーゴに入るだけの荷物でいくら、
というサービスを使う場合、それを2個、とすると割引になることがあります。

 

どの割引も業者ごとに特色があり、やっている業者とやっていない業者があります。
どんなサービスが利用できるか調べて、自分の引っ越しに合っていて、割引になる組み合わせを使いましょう。