自分引っ越しの大変なところ、良いところ

引越し先が決まり、次に決めるのは業者選びをどうするか?
ですが、中には引越し費用を安く抑えたいからと引越し業者に頼らず自分で引っ越しをする方もいます。

 

その場合はまず何から始めればいいのでしょうか?
また、デメリットもありますので目を通してみてください。

自分引っ越し

まず荷物を作ります。

 

最初に適当な大きさの段ボール箱を集めます。段ボール箱は、ホームセンターやスーパーで空き箱をもらって来るか、郵便局か宅配業者から購入します。通販サイトでまとめ買いすると安くなりますが、その場合はいくつくらい必要があるのか、あらかじめ大体の数が分からないとかえって二度の注文で送料が余計にかかり、不経済になります。

 

詰められる荷物から順番に詰めて行き、押し入れなど、家の中の邪魔にならない所に置いておきます。

 

自分の車があれば車で新居まで運びます。
数が少なければ、段ボールをそのまま宅配などで送ると身軽に移動できます。
頼める友人や先輩、後輩がいれば荷物運びに来てもらいます。

 

引っ越しにかかるお金は、
車代と友人たちへのお礼代、それと段ボールとその送料、ご挨拶の小さな品物が必要個数です。

自分引っ越しで大変なところ

冷蔵庫や洗濯機、タンスなどの大きな物は、手助けが必要です。
友人たちの都合のよい日を聞いて運び出しを手伝ってもらいます。

 

荷物が車に入りきらなければ何回か往復する必要がありますので、近くへの引っ越しでなければ出来ません。
自分で車を持っていなければ、友人や知人で車を持っている人を探して貸してもらいます。車を貸してくれた人には車代やガソリン代を出します。

 

借りられる車がなければレンタカーを借ります。
また、日程の調整は全員の予定を聞いてからでないと決められません。
全員の都合を合わせられない時には、自分の都合と合う人、なるべくたくさんの人が出られる日を選びます。

 

手伝ってもらった友人や知人にはやはり、少しお礼をしなければなりません。引っ越しに時間がかかれば飲物や食事も用意します。引っ越し後は段ボールを片づけます。段ボールは一度に出せないので、きれいに畳んで少しずつごみの回収に出していきます。

自分引っ越しの方がよい場合、引っ越し業者を頼んだ方がよい場合

荷物が少なくて近距離での引っ越しなら、時間もあまりかかりませんし、手伝ってくれた人へのお礼や、借りた車代、ガソリン代、あるいはレンタカー代などを考えても自分で引っ越した方が安く済みます。

 

しかし、それ以外の場合では自分で引っ越しをするよりは業者を頼んだ方が安く済みます。
友人・知人に引っ越しを頼んだとしてかかる費用を計算して、もし2,3万を超えるようなら引っ越し業者を頼むことを考えましょう。

 

一括見積などを利用して、単身者向けの小さな引っ越しプランの相場を見れば、それほどかからないことがあります。